記事詳細

【業界ウォッチャーX 芸能ニュース舞台裏】木下優樹菜、不祥事をネタにできるか “成り上がり感”にファンも多く

 謹慎していたタレントの木下優樹菜(32)が芸能活動の再開を宣言した。

 姉が勤務するタピオカ店の店主への不適切発言が原因で、昨年11月から活動を自粛していた。

 「自分で決めた自粛ですから、それを解除するのも自分。下半期スタートのいい時期ですが、今再開したところでコロナのご時世ですから、新しい仕事は早々ない。自粛しても再開しても、実質的にはあまり変わらない」と情報番組デスク。

 「佐々木希が440万人に対し、木下は530万人もインスタのフォロワーがいるんです。木下の“成り上がり感”には結構ファンが多い。トランプ大統領の岩盤支持者と同じ。それを利用しない手はありません」(ウェブサイト記者)

 犯罪にはならないレベルで、芸能人が犯す不祥事は多い。

 「将来、過去の不祥事を笑いにできるかどうかって重要。不倫で叩かれたベッキーも後日、テレビのバラエティー番組で『好感度よくない』とネタに変えていましたからね」(前出・ウェブサイト記者)

 木下にそれができるか。アンジャッシュの渡部建(47)は難しそうだが…。 (業界ウォッチャーX)

関連ニュース