記事詳細

綾瀬はるか交際相手ノ・ミヌとは? 韓国から日本に来た理由 (1/3ページ)

 女優の綾瀬はるか(35才)が、約2年前から韓国出身のタレント、ノ・ミヌ(34才)と交際していることがわかった。

 ミヌは185cmの長身と、ロングヘアがトレードマークの端正な顔立ちをしたイケメン。もともとミュージシャンとして2004年にデビュー。ロックバンドではドラムを担当し、2年後に脱退した後は、俳優やモデルとして活躍している。ミヌの知人はこう語る。

 「交際が始まったのは、2年ほど前のこと。綾瀬さんの活躍を知っていたミヌからのアプローチで、共通の知人が引き合わせたんです。ミヌは2016年10月から2年間、兵役に就いていて、除隊は2018年7月のことで、本格的な交際は除隊後から。ミヌの芸能活動の基盤は日本で、除隊直後から日本でファンミーティングも行っていました。韓国へは頻繁に帰っていましたが、綾瀬さんも多忙な時間を縫って愛を育んでいたようです」

 広島出身の綾瀬と、韓国人のミヌ。使う言葉も違うはずのふたりは、どうやって距離を縮めてきたのだろうか。

 「ミヌの母親はかつて、日本で演歌歌手として活動していて、桂銀淑に師事していた時期があります。母親は、ミヌに音楽の英才教育を受けさせていて、子供の頃からピアノ、ギター、ドラムなどを習わせていた。早くに父親を亡くして女手一つで育てています。ミヌが芸能活動を始めてからは、送迎やヘアメイクまで母親が担当していて、いまは彼の芸能事務所の社長に就任していますよ。

NEWSポストセブン

関連ニュース