記事詳細

【桂春蝶の蝶々発止。】都知事選、こんな候補者は見たくない!「何もしなかった者」「何もせず批判だけしている者」 始まる前から「ダメだこりゃ…」 (1/2ページ)

 いきなりですが、ボヤいてしまう私をお許し下さい。阪神タイガースの今シーズンは、もう終わりました…(苦笑)。

 本気で「今年はやってくれる」と思ってましたけどね。こんなロケットバックスタートってありますか? 神宮球場で藤川球児投手がサヨナラホームラン打たれたときは、目の前が真っ暗になってしまいました。

 しかしね、阪神タイガースはまだマシですよ。始まってから「ダメだこりゃ」となったわけですから。中には、始まる前からどうにもならないものもある。東京都知事選です。始まる前から暗雲立ちこめていると言いますか、こんなに盛り上がらない選挙戦も珍しいのではないですかね?

 盛り上がらない大きな理由は、コロナ禍でみんな自分のことで精いっぱいなのと、政治とカネや検察官のバクチ問題で、公権力に対し、もはや愛想が尽きていることが挙げられるのではないでしょうか。

 選挙中なので名前をいうのは控えますが、今から思いっきりディスりまくりますので。

 まず皆さんに見ていただきたいものがございます。薩摩藩・島津家の教えに「男の順序」というものがある。江戸時代の話ですから、ここでは「人間の順番」と申し上げましょう。

 人を上から順番に、5段階で評価しているのです。

 一、何かに挑戦し、成功した者

 二、何かに挑戦し、失敗した者

 三、自ら挑戦しなかったが、挑戦した人の手助けをした者

 四、何もしなかった者

 五、何もせず批判だけしている者

 これには、「なるほどなぁ」と小膝をたたいてしまう方もおられるのではないでしょうか。

関連ニュース