記事詳細

田中みな実 極深スリットスカート姿に「プロ意識」が見えた (1/2ページ)

 2020年上半期で最もブレークした女性芸能人のひとり、フリーアナウンサー田中みな実(33才)。昨年末に発売したファースト写真集『Sincerely yours…』は、男性のみならず女性もこぞって買い求め、すでに70万部を突破する大ヒット。いまやバラエティーにドラマにひっぱりだこの田中を、緊急事態宣言が解除された5月末の東京・青山でキャッチした。

 ヒョウ柄のブーツ、白のTシャツに黒のロングスカート。そのロングスカートには、かなり深いスリットが入っていて、歩を進めるたびに、美脚が見え隠れする。マスクを着けて小柄だから、あまり周囲の人から気づかれることはなかったが、あふれるオーラに時折、「あれ、もしかして……」と振り返る人もいた。

 TBSの局アナ時代は、ぶりっ子キャラで女性からは“嫌われ女”と言われていた田中。フリーに転向後に、同性の憧れの的に180度転換できたきっかけは、女性ファッション誌『anan』で披露した“肘ブラ”の表紙だった。ファッション誌編集者が言う。

 「ここで初めて『局アナ時代は、さらしを巻いて胸を小さく見せていた』ことと『ジムのトレーニングで“とろふわ”BODYを作っている』ことを明かしたことが、女性の称賛を浴びたんです。筋肉質すぎずに、適度に女性らしい丸みも感じさせた上で、細いという体型ですから、男性からも女性からも一気に好感度が上がりました」

 ベテランスタイリストは、田中の私服のファッションセンスを絶賛する。

NEWSポストセブン

関連ニュース