記事詳細

石田純一のコロナ感染に理子が激怒 ママ友との関係悪化危惧 (1/3ページ)

 新型コロナウイルスに感染し、約1か月の入院を経て、自宅療養中の石田純一(66才)。しかし、世間からの風当たりは強いままだ。

 石田は4月10日、“仕事”を理由に沖縄県を訪れるも、体調が悪化し、13日に帰京。その後、PCR検査で陽性となり、入院した。

 また、沖縄ではゴルフを楽しんでいたことが判明。さらに、新型コロナが猛威を振るい始めた3月末にハワイへ行っていたことが発覚。緊急事態宣言直前の4月5日に茨城県でゴルフに興じていたことも報じられた。この時は、会社経営者ら男女8人とゴルフをプレーした後、女性2人が加わって、夜には会食を楽しんだとのこと。女性らにも陽性反応が出ている。

 現在は退院し、自宅療養となっている石田だが、必ずしも“平穏”とはいえない生活を送っているようだ。妻・東尾理子(44才)の怒りが尋常ではないのだという。

 ◆ゴルフ後に美女と…は初めてではない

 石田と理子の間には、長男の理汰郎くん(7才)をはじめ、まだ幼い3人の子供がいる。しかし多忙な石田は、休みの日でも妻子を置いて出かけることも少なくなかった。

 「理子さんはワンオペ育児を強いられることが多く、親しい人に愚痴をこぼすこともあったそうです。その矢先のコロナ感染。しかも感染源とされる茨城でのゴルフに関しては、会食の席に女性がいたことを、あとで知ったとか…」(理子の知人)

 理子はこれまで、石田の女性関係には神経をすり減らし、“対策”を講じてきたはずだった。

NEWSポストセブン

関連ニュース