記事詳細

新聞広告「のび太になろう。」に子どもたちは「はあ?」 自粛してないのは大人のほう! (1/2ページ)

 5月5日のこどもの日、朝日新聞の朝刊に特大の全面広告が掲載されました。

 これが思わぬ反響を呼んでいるようです。

 その名も『のび太になろう。』

 「今日はこどもの日。
 本当は遊びに行きたいよね。
 おじいちゃんおばあちゃんにも会いたいよね。
 でもね、今はおうちにいよう。
 それだけで大切な人を、世界を、
 守れるんだから。
 ジャイアンにみたいに野球が好きなきみも、
 スネ夫みたいにラジコンが好きなきみも、
 いっしょうけんめいのんびりしよう。
 のび太くんみたいに、ね」

 この文章とともに、部屋で昼寝するのび太とそれを見守るドラえもんが描かれています。

 その広告は壁紙として、ドラえもん公式の『ドラえもんチャンネル』から無料でダウンロードできるようになっています(「のび太になろう」のかべがみ https://dora-world.com/contents/1415 )。

 関連記事:タイのゴミ問題から知る、使い捨てマスクのリスクとは!? 日本が「新しい生活様式」として検討すべき課題  | TABLO

 長引く学校の休校と自粛生活で、外で遊ぶこともできない子どもたち。

 それは、こどもの日に限ったことではないでしょう。

 抱えているストレスは、うまくコントロールして発散できない分、ひょっとしたら大人以上かもしれません。

 大人たちは自粛と言いつつ、パチンコに行ったり、バーベキューに行ったり、実家に帰ってみたり、東京に戻ってみたり…と子どもたちの方がよっぽど我慢しているかもしれません。

 そんな子どもたちへ「のび太になろう。」のメッセージは届くのでしょうか?

 ネットやSNS上では、こんな書き込みがありました。

 「子どもに見せたら、フーンで終わり、自分の方が喜んでます!」

 「息子は無関心。俺がのび太になろうとしたら、妻に怒られた…」

 案外、このメッセージが響いているのは大人の方で、肝心の子どもには微妙な感じもします。

 参考記事:ヤラセの証拠撮った! 日テレ24時間テレビの捏造疑惑 女優・黒木瞳のそばでずっと黙っていた“アイツ”

 また、この広告が掲載されたのが、紙媒体の朝日新聞です。

TABLO

関連ニュース