記事詳細

【織田哲郎 あれからこれから】沖縄で死ぬほど寝たら…慢性の頭痛がスッキリ! (2/2ページ)

 実は02年頃からいつも軽い頭痛がしていて、病院で診てもらっても「異常なし」の診断で、鍼や整体に行っても治らず、途方に暮れていました。

 それが沖縄に行くと、とにかく良く寝られるようになって、気がつくと頭痛が消えていたのです。何のことはない、慢性的な寝不足だったんでしょう。

 そして鬱の人間にまず必要なものは、何はともあれ「睡眠」なんだと思います。至極当たり前のことですが。波の音を聞きながらベッドに寝そべっていると、都会にいるときには考えられないほどよく眠れるのです。

 さらに光る海面をずっと眺めていることは、脳のメンテナンスにとても良いのではないか、とひそかに思っています。

 こうして今に至るまで沖縄で多くの時間を過ごすようになり、私は徐々に鬱から解放されていったのです。

 ■織田哲郎(おだ・てつろう) シンガーソングライター、作曲家、プロデューサー。1958年3月11日生まれ。東京都出身。79年のデビュー当初からCMやアーティストの音楽制作に携わる。TUBEの『シーズン・イン・ザ・サン』で作曲家として注目される。

 現在「オダテツ3分トーキング」をYouTubeで配信中(毎週土曜日更新)。

 5月2日(土)に横浜のモーション・ブルー・ヨコハマで予定されていた「Acoustic Night」は延期になりました。詳しくは公式サイトt-oda.jpへ。

関連ニュース