記事詳細

【業界ウォッチャーX 芸能ニュース舞台裏】志らく「離婚1億%ない」 妻と弟子の不倫報道…関係者に“釈明”メールで火消しも

 落語家の立川志らく(56)が文春砲に見舞われた。妻がよりによって弟子と不倫関係にあると5日発売の『週刊文春』で報じられたのだ。

 「おかみさん(師匠の妻)に手を出すなんて、弟子としては破門覚悟ですよ。落語界の場合、師匠がいなくても弟子が家にあがるのは当たり前ですから、カムフラージュはしやすいんですけど、車中の出来事は言い訳のしようがないでしょう」と演芸関係者が伝える。

 MCを務める番組『グッとラック!』では5日朝、「離婚することは1億%もございません」「かけがえのない妻を世間の目から守る。命がけで守る」と家族愛を押し出した。

 ところが同じ日の朝、他局の情報番組、スポーツ紙は横並びで沈黙。

 「どうしてでしょうねぇ」と情報番組デスクは苦笑い。志らく自身は文春の発売日前日、関係者に釈明メールで火消しに努めていたという。

 「『妻は泥酔していて覚えていない。記事はほとんどがデタラメ、推測』といった内容。『夫婦関係は円満です』ということも強調されていましたね」(前出・演芸関係者)

関連ニュース