記事詳細

槇原敬之容疑者「もうクスリなんてしない」なんて言えなかった… パートナーの男と“セックスドラッグ”、新宿二丁目では「また捕まるよ」と噂に (1/2ページ)

 一昨年に自宅で覚醒剤など所持していたとして覚せい剤取締法違反(所持)などの疑いで警視庁織犯罪対策5課に逮捕されたシンガー・ソングライター、槇原敬之容疑者(50)。2度目の逮捕だが、2年前の容疑で逮捕されるのは異例。今回は決めセク(薬物で性的快感を高める行為)で使われる“ラブドラッグ”と呼ばれる危険ドラッグも所持していたことから、その根深さがうかがわれる。

 デビュー30周年の活動中での2度目の逮捕で、芸能界に激震が走ったが「新宿二丁目界隈のゲイの間では、今年に入ってから『マッキー、また捕まるよ』と噂になっていましたね。結局はやめられなかったということです」と薬物事情に詳しい芸能関係者。

 2018年3月30日、東京都港区の自宅マンションで、指定薬物の亜硝酸イソブチルを含む通称「ラッシュ」と呼ばれる液体64・2ミリリットルを所持、同4月11日には覚醒剤0・083グラムを所持した疑いが持たれている。

 警視庁は同年4月に現場を家宅捜索。当時、槇原容疑者と同居していた所属事務所の元代表だった男性(43)が逮捕され、有罪判決を受けている。それにしても不可解なのは、なぜ2年前の容疑で今になって逮捕されたのか。

 「当時、槇原容疑者は部屋におらず、逮捕を免れました。しかし調べの中で薬物の一部について男性が『それはマッキーのだ』と供述していました。そのため、組対5課は入念に周辺捜査を進め、容疑を固めたようです。組対5課の執念ですね」と先の芸能関係者。

関連ニュース