記事詳細

テレ朝・弘中綾香アナ 五輪を機に報道・スポーツにも進出か

 東京五輪の「代表争い」はアスリートだけではない。テレビ局の顔たちが、“金色のマイク”を握るべく、最終選考に臨んでいる。

 陸上男子リレーや競歩男子などを放送するテレビ朝日はスポーツ畑のエース・竹内由恵アナ(34)が昨年12月に退社したことで、五輪キャスターの座が空位に。

 「『報道ステーション』サブキャスターの森川夕貴アナ(26)が候補になりましたが、知名度では竹内アナに及ばない。そこで名前が挙がったのが弘中綾香アナ(29)でした」(テレ朝局員)

 弘中アナは、民放5局が共同で放送した五輪宣伝番組(1月24日)にテレ朝代表として出演。

 「バラエティ畑の弘中アナですが、上層部の中では、五輪を機に報道・スポーツもやらせたいという意向は強い」(同前)

 本命の不在は卓球や空手を放送予定のテレビ東京も同じだという。

 「スポーツ畑のエースである鷲見玲奈(すみれいな)アナ(29)を起用する方向でしたが、昨年12月に同僚アナとの不倫疑惑が報じられ、いったん白紙に。

 出演見合わせが続くスポーツ情報番組で代役を務める福田典子アナ(29)や竹崎由佳アナ(27)が五輪も担当するとみられています。ただ、鷲見アナは潔白を主張し続けており、本格復帰となれば、五輪も鷲見アナに任せる可能性も出てくる」(テレ東関係者)

 ※週刊ポスト2020年2月21日号

NEWSポストセブン

関連ニュース

関連ニュース