記事詳細

【中本裕己 エンタなう】少年目線で笑って泣いて優しくなれる反ナチス映画 「ジョジョ・ラビット」

 反ナチス映画といえば、心に突き刺さる名作ほど悲惨でつらい。だが、この「ジョジョ・ラビット」(公開中)は、そうした見かけのショッキングさとは一線を画す。笑いを誘い、ナチス支配下の街に鮮やかなハーケンクロイツの旗がたなびく。不謹慎にも思えるが本質は異なる。

 主人公はヒトラーに憧れる10歳の少年ジョジョ。ヒトラーユーゲントへの入団を前にした高ぶる気持ちにビートルズの「抱きしめたい」が重なる冒頭から、少年の目線で追体験することになる。ジョジョが独りで弱気になると、傍らにヒトラーが登場して鼓舞する。教官からウサギ殺しを命じられ、逃げ出して笑い者になったときも。ヒトラーは心を支配する幻影で、少年の葛藤そのものなのだ。

 父は戦地から還らず、気丈で色気のある母親(スカーレット・ヨハンソン!)はナチスかぶれのジョジョに、「世の中で一番強いのは愛よ」と諭すが、聞く耳を持たない。屋根裏には、母が密かに匿うユダヤ人の少女が居てある日、ジョジョに見つかる。ジョジョは「通報する」と息巻くが…。敗戦の色が濃くなり、史実を知っていても展開にハラハラ。ナチスに幻滅した教官で将校役のサム・ロックウェルが好演。

 悲喜劇のバランスが絶妙な脚本を書き、ヒトラー役を演じるのはマオリ族とユダヤ人の血を引くニュージーランドのタイカ・ワイティティ監督。「いまそこにある憎悪」と人はどう向き合うべきかを語りかける。 (中本裕己)

関連ニュース