記事詳細

稲垣吾郎、NHK朝ドラでドラマ復帰のワケ

 “地上波解禁”とも言われている元SMAPの3人。これまではバラエティーへの出演にとどまっていたが、ついにドラマへも復帰を果たす。稲垣吾郎(46)がNHK連続テレビ小説「スカーレット」に出演することになったのだ。

 稲垣が演じるのはヒロインの長男の主治医役。物語終盤の3月上旬から登場するという。稲垣としては15歳だった1989年前期の「青春家族」以来、31年ぶり2度目となる。

 「稲垣ら3人がなかなか地上波に出演できないときも、NHKは舞台出演を取り上げたり、インタビューをしたりと3人をフォローしていました」と関係者。「さいわいスカーレットにはジャニーズ事務所のタレントも出ていないのでキャスティングしやすかったようです」とも。

 これまでテレビ各局はジャニーズ事務所に忖度してか、稲垣らの起用を避けていたが、昨年末から地上波の番組にも起用されるようになっていた。「まだバラエティーが中心でしたが、今後はドラマからもオファーが入るかもしれません」とスポーツ紙記者。

関連ニュース