記事詳細

【シネマパラダイス】各国の翻訳家に監禁状態で作業させるが…冒頭10ページがネットに流出! 「9人の翻訳家 囚われたベストセラー」

 「ダ・ヴィンチ・コード」シリーズ第4弾「インフェルノ」の出版時、原稿流出を恐れ、各国の翻訳家を監禁状態で翻訳させた、驚きの実話を基にしたミステリー。レジス・ロワンサル監督はじめ「タイピスト!」製作陣が再結集。出演にランベール・ウィルソン、オルガ・キュレリンコ。24日公開。1時間45分。

 世界的ベストセラー小説の完結編の世界同時発売をもくろむ出版社が、9カ国9人の翻訳家をフランスの豪邸に招集。外界との連絡を一切遮断し、監視付きの部屋で徹底管理のもと同時作業させるが、冒頭10ページがネットに流出。身代金を要求する脅迫メールが届く。

 【ホンネ】皆どこか怪しく、加えて出版社社長の狂気に気をとられていると、驚きの真実が現れる。最後に感動まで隠れているとは! 素直にだまされミステリーを堪能。

(映画評論家・折田千鶴子)★★★★

 ★5つで満点

関連ニュース