記事詳細

【ぴいぷる】ポップス・デュオ「トワ・エ・モワ」 代表曲「虹と雪のバラード」が再注目 あのときのまま「一緒に歌うから崩したりしてない、ずっと同じ歌い方なんです」 (1/3ページ)

 昨年デビュー50周年を迎えたポップス・デュオ。今も輝きを失うことのない数々の名曲を収めた6枚組のベスト盤「FOLK&POP」(ソニー・ミュージックダイレクト)をリリースした。

 芥川澄夫 「50年も半世紀というととてつもない時間だが、いざ振り返ると長くは感じないんです。いまだにトワ・エ・モワが生きているということがすごいね」

 白鳥英美子 「19歳でデビューして、ちょっと疲れて解散したけどやっぱり歌が好きで、縁あって再開して。今では再開してからのほうが長いんです」

 彼らの代表曲が1972年の札幌冬季五輪のテーマソング「虹と雪のバラード」。解散後、再び2人を結びつけたのもこの曲だった。解散から約25年後、98年の長野五輪をきっかけにこの歌を2人で歌う機会があり、再結成へとつながった。

 そして今年、東京五輪のマラソンと競歩が札幌で開催されることになり、再びこの曲が注目されているのだ。

 白鳥 「札幌まで歌いに行きたいですね。こういう曲に巡り合えたことがラッキーでした」

 芥川 「この曲は共作だったんです。当時は深く考えてなかったけど、今になって事の重大さを感じますよ。何だか再デビュー曲みたいな感じになったね」

 2人が出会ったのは、芥川が19歳、白鳥が17歳のとき。

 芥川 「魅力がありましたよ。個性がなさそうで、すごく個性的なの。こういう人は他にいないよね」

 白鳥 「出会ったとき、芥川さんはナベプロ(渡辺プロダクション)の持っていたジャズスポットで司会をしていたんです。だから相当お兄さんに見えたな」

関連ニュース