記事詳細

宮迫復帰が遅れている本当の理由 よしもと芸人や作家・スタッフたちが心底落胆した「タイガーマスク」の迷走 (1/3ページ)

 1月10日、吉本興業が「同日をもって田村亮の芸能活動を再開する」と発表しました。それを受け2日後の12日、闇営業問題で謹慎処分を受けていたロンドンブーツ1号2号の田村亮が約半年ぶりにツイッターを更新しました。

 関連記事:島田紳助の登場で「宮迫は全方位に泣きついてんな…」とアレルギー反応も 加藤浩次は一番の被害者か | TABLO

 相方の田村淳も、

 「始動と題して二人のトークライブを開催し、その後に記者会見を開く予定です」

 と表明。吉本社員曰く、「現在、日程は調整中だが遅くても来月上旬までには実現させたい」ということで、一気に山が動き出したといった具合です。

 「相方・淳の世渡り上手には驚く」と話すのは、テレビ局関係者。

 「変な言い方だけど、相方の不祥事を有効利用して自分に有利な方に全部動かしてる感じがする。中途半端にほっぽり出したスタッフにも申し訳が立たないという言い方をして、真ん中に挟まれた僕がこの状況をどうにかしなきゃいけないという奮闘ぶりも、ちょっと鼻につきますね。あまりにうまいやり方だから一般人は“謹慎は当然のこと”から“可哀想だからもう許そうよ”という流れになってきてるのは非常に危険かと。だって、忘れちゃいけないのは、亮くんは当初金は一銭ももらってないと嘘をついていて、例の闇営業で彼はカラテカの入江と先方を交えた事前打ち合わせにも同席していたってこと。いつかは許してあげなきゃいけないんだろうけど、かなり確信犯だった訳だし、あの騒動からまだ半年ですよ。僕は今回の復帰劇の裏に、吉本が大きく絡んでいることを確信してます」

 芸能活動再開後、田村亮は淳と共に立ち上げた株式会社LONDONBOOTSに所属し、吉本とエージェント契約という形をとります。あくまでもその契約は亮のみで、淳はこれまで同様吉本帰属のまま。ちなみに闇営業騒動以降、エージェント契約を締結したのは加藤浩次と田村亮、そして現在交渉が難航中なのが、“たむけん”ことたむらけんじ。前出が続けます。

 参考記事:宮迫博之はなぜ明石家さんまを選んだのか 吉本興業内で急速に支持率が下がり始めた松本人志 | TABLO

TABLO

関連ニュース