記事詳細

嵐も踏むのか!?SMAPと同じ轍 メンバー間の確執が露呈し… (1/2ページ)

 今年いっぱいで活動を休止するアイドルグループ、嵐が“不協和音”に見舞われている。

 二宮和也(36)の結婚を機にメンバー間の確執が露呈してきたのだ。果たして、メンバー同士の不仲を解消できないまま“空中分解”してしまったSMAPの二の舞いになってしまうのか。

 二宮が結婚を発表したことをきっかけに、多くのメディアが二宮と松本潤(36)との確執を報じている。二宮自身も結婚のタイミングをめぐって、メンバーとのあつれきがあったことを否定しなかったほどだ。

 「松本だけでなく、他のメンバーもこれまで結婚を回避してきた事情があります。結婚どころか、交際さえ認めてきませんでしたから、結婚を押し通した二宮に不満が爆発しています。松本はいまだにおめでとうコメントをしていないほど」と週刊誌記者。

 昨年のNHK紅白歌合戦のリハーサルでも、5人そろって会見に応じた嵐だが、二宮がコメントを始めると、松本が固い表情でそっぽを向いてしまうなど、公の場でもその溝の深さが浮き彫りになっている。

 「メンバーの中でも相葉雅紀はまだ再始動に希望を持っているようですが、昨年末から配信が始まったドキュメンタリーも重々しい雰囲気になっており、活動休止前の最後の1年のスタートとしては暗雲が漂っています。このままでは半永久的に嵐は再始動しない可能性があります」と先の週刊誌記者は見通す。

関連ニュース