記事詳細

【シネマパラダイス】マット・デイモンとクリスチャン・ベイルの共演が見もの 「フォードvsフェラーリ」

 仏のル・マン24時間耐久レースはF1のモナコグランプリ、米のインディ500と並び世界3大レースと呼ばれる。伊の名門フェラーリ買収に失敗した米フォード社が、ル・マン優勝に賭けた実話の映画化でマット・デイモンとクリスチャン・ベイルの共演が見もの。上映時間153分。10日公開。

 1966年、ル・マン開催の9カ月前。心臓病でレーサーからカーデザイナーに転じたキャロル・シェルビー(デイモン)はヘンリー・フォード2世(トレイシー・レッツ)からル・マンでフェラーリに勝てる車を造ってほしいと依頼される。彼はアメリカに住む英国人ですご腕ドライバーのケン・マイルズ(ベイル)と組むことにする。ふたりはフォードGT40の抜本的改良とテストにのめり込むが、重役がなにかと口をはさむ。果たしてシェルビーたちは勝てるのか?

 【ホンネ】ハリウッドがル・マンに挑戦したフォードの映画を作るなら、日本は91年にマツダがロータリーエンジン車で優勝した映画を作ってくれ。あれは超カッコよくて興奮だった。

(映画評論家・おかむら良)★★★★

 ★5つで満点

関連ニュース