記事詳細

【シネマパラダイス】多様で独特な味わいのアニメーション 「ブレッドウィナー」

 共同監督作「ブレンダンとケルズの秘密」のアイルランド出身ノラ・トゥーミーの単独初監督作にして、前作同様、米アカデミー賞にノミネート。カナダの作家・平和活動家デボラ・エリスの児童文学「生きのびるために」のアニメーション化。1時間34分。20日公開。

 戦争で荒廃したアフガニスタン、カブール。11歳の少女パヴァーナの父が、突然タリバンに連れ去られる。女性だけの外出が禁じられる中、一家の生活は立ち行かなくなり、家族のためパヴァーナは髪を切り、少年になりすまして街に出る。

 【ホンネ】理不尽な社会に立ち向かうヒロインの勇気と家族愛にハラハラしながら感動。威を借り暴挙を繰り返すタリバン男らに憤りつつ、そこから世界が透け見えて複雑な心境に。素朴な絵、切り絵を用いた幻想的な絵など、多様で独特な味わいにも魅せられる。(映画評論家・折田千鶴子)★★★★

 ★5つで満点