記事詳細

沢尻エリカ、保釈時に姿を見せなかったワケ… すでに“復帰”見すえる?

 麻薬取締法違反の罪で起訴された沢尻エリカ被告(33)が6日保釈された。

 「最近は逮捕、起訴された芸能人が保釈される場合、報道陣の前で頭を下げるケースが多い。麻薬取締法違反の罪で起訴されたピエール瀧さん(52)は謝罪の言葉を述べた上で約30秒頭を下げ、大麻取締法違反の罪で起訴された田口淳之介さん(34)は土下座までしてみせました」(スポーツ紙記者)

 しかし、沢尻被告は文書によるコメントのみで姿は見せなかった。

 「沢尻被告らしいといえばらしい対応ですね。所属事務所も沢尻被告を解雇する予定はないようですし、すでに復帰についての話が出ていることには違和感を覚えますが、復帰前提と考えると今回の対応には納得がいきます。

 沢尻被告というと、“別に”騒動に代表される強気なわがままキャラですし、やつれて謝罪する姿を見せないほうがいいという判断でしょうね。保釈された際の謝罪の映像は今後もことあるたびに使われますからね。すでに女優としての復帰を見越したうえの行動だったということですよ」(前出・スポーツ紙記者)

 逮捕、起訴されても大女優扱いというワケか。(zakzak編集部)

関連ニュース