記事詳細

チェリッシュ・松崎悦子、胃を全摘出していた 「てんとう虫のサンバ」などでヒット

 「てんとう虫のサンバ」などのヒットで知られる夫婦デュオ、チェリッシュの松崎悦子(68)が胃がんを患い、今年8月に胃の全摘出手術を受けていたと所属事務所が発表した。

 11日に東京都練馬区の練馬文化センターで行われるコンサート「夢スター歌謡祭 春組対秋組歌合戦」で約4カ月ぶりに仕事復帰する。

 すでに回復しており現在体調は良好という。今夏になって体調を崩し、検査を受けた結果、胃がんが判明したという。公表せずに闘病を続けていたが、医師から復帰の許可が下りたため、今回の発表となった。

 11日の公演では「てんとう虫のサンバ」などを披露する。また14日にはBSフジ「昭和歌謡パレード」の生放送に出演する予定だ。