記事詳細

沢尻被告を保釈、警視庁東京湾岸署から

 合成麻薬のMDMAやLSDを所持したとして、麻薬取締法違反の罪で起訴された女優、沢尻エリカ被告(33)が6日、勾留先の警視庁東京湾岸署から保釈された。

 東京地裁が同日、沢尻被告の保釈を認める決定をし、沢尻被告側が保証金500万円を納付。同日午後7時25分ごろ、沢尻被告は車に乗って同署を出た。車のカーテンは閉められ、表情はうかがい知れなかった。

 起訴状によると、11月16日に東京都目黒区の自宅マンションで、カプセルに入ったMDMAを含む粉末約0・19グラム、LSDを含む紙片約0・08グラムと液体約0・6グラムを所持したとしている。(産経新聞)