記事詳細

沢尻エリカ、交際相手への揺れた思いと母を助けたい気持ち (1/3ページ)

 MDMAを所持していたとして麻薬取締法違反の容疑で逮捕された女優の沢尻エリカ容疑者(33才)。尿鑑定では“シロ”であり、起訴猶予となる可能性もあるという。

 そもそも、今回の逮捕は警察への情報提供から始まった。

 「ドラッグのガサ入れは一発勝負です。あの日、沢尻の自宅にドラッグがなければ逮捕することができませんでした。警察としては、沢尻を逮捕することで、それに連なるドラッグルートを解明したいわけですが、沢尻の逮捕に失敗すれば、彼女の周囲も警戒してしまい、これまでの苦労が水の泡になってしまいます。つまり、捜査員は家に確実にドラッグがあることを知っていた。そう考えると、沢尻に非常に近い人物からの密告があったと考えられるのです」(全国紙社会部記者)

 現在、沢尻の周囲では“密告者捜し”も行われているという。沢尻と共同でMDMAを所持していた容疑で逮捕された元交際相手のファッションデザイナー・NAOKIこと横川直樹容疑者(38才)も疑われている。横川は沢尻逮捕の直前、渋谷のクラブ「W」に一緒にいた。

 「直樹を疑う声はありますよね。直樹が『W』にエリカを呼んだといわれていますし、エリカの家にMDMAがあったことを彼は知っていたはずですから。しかも、彼の自宅にガサが入り逮捕されたのは10日後というのも不思議です。もちろん彼が密告者だという証拠はないし、彼も逮捕されているから無傷ではないわけで…」(沢尻の知人)

 ◆私の夢はもう一度お母さんにお店を

 沢尻と横川の交際については、友人たちの間でも賛否あったという。ふたりは8年もの間、つきあったり別れたりを繰り返していた。

 「エリカは強がったり、悪ぶったりするところもありますが、どこか自分に自信がないところがあって、精神的に弱いんです。だから、自信家でズバッとものを言い切ってくれる人に憧れ、のめり込んでしまう。直樹はそういうタイプの男性です」(沢尻の親友)

NEWSポストセブン

関連ニュース