記事詳細

【ぴいぷる】アンジャッシュ・渡部建「食べ歩きは趣味の延長では許されないと思っています」 「グルメ王」の次なる目標は… (1/3ページ)

 ■13日公開「映画妖怪ウォッチ」最新作で声優挑戦

 お笑いコンビ、アンジャッシュとして活躍する一方、「王様のブランチ」(TBS系)のMCなどを務め、さらに芸能界屈指の食通としても知られている。

 「芸能界もジャンルレスになってきて、芸人もアイドルもいろいろなことをやりますからね。フレキシブルにいきたいです」

 仕事をするにあたり心がけていることがある。

 「1つ1つの仕事を丁寧にやること。そして、自分がなぜこのお仕事に呼んでいただけたのかを、きちんと理解をして遂行することですね」

 そんな多才な彼が、今度は人気アニメシリーズの声優にチャレンジした。13日公開の『映画 妖怪学園Y 猫はHEROになれるか』で、男子生徒・タベケン役を演じている。本作は『映画妖怪ウォッチ』シリーズの6作目で、5作目までの累計興行収入は198億円を突破しているほど、大人気なのだ。

 「国民的アニメなので光栄です。オファーがきたときは、即やらせてくださいと言いました」

 今作では主人公・寺刃ジンペイと仲間たちが、超エリート校・Y学園に潜む謎を解き明かしていく、ギャグ満載の妖怪冒険活劇になっている。

 「お子さんがいらっしゃる方はもちろん、普段『妖怪ウォッチ』を見る機会がない方も、アニメのプロ集団がいろいろなマーケティングをして作った“今のアニメ”を、ぜひ一度のぞいてみていただきたいです」

関連ニュース