記事詳細

【高須基一朗の“瞬刊”芸能】ますますメディア露出が増え…「和博」と「博」“W清原”による新番組を! (2/2ページ)

 この間、ニュースや情報番組、ワイドショーは一転してバッシングや事件の背景を探る報道に転じた。中でも、「清原和博」と一字違いの国際弁護士、清原博氏を各局のコメンテーター、ご意見番として頻繁に見るようになった。「清原が清原にもの申す」というわけで、清原氏の薬物事件がはからずもマスコミ的な知名度を上げたように見えた。

 清原氏は現在執行猶予中の身だが、私が思うに、今後ますますメディア露出が増えていくと思う。せっかくなら、清原氏と清原弁護士の“ダブル清原”で新番組をやってほしい。それには先日、ニュース番組で清原氏の単独密着を放送し、お昼の「バイキング」で清原弁護士が登場しているフジテレビがふさわしいと思うのだがいかがだろうか。必要とあらば、僭越ながら再び清原氏の仲介役として私もぜひ一汗かきたい。

 ■高須基一朗(たかす・もといちろう) 出版プロデューサー。父・高須基仁の下で、数多くの有名芸能人のヘアヌード撮影の現場進行を経験。代表作には、アントニオ猪木『人生のホームレス』、ミス・ユニバース『食べるフィットネス』など。格闘技雑誌の編集長を経て、現在はスポーツコンテンツアプリSPAIA(スパイア)にて格闘技記事を執筆。

関連ニュース