記事詳細

【元文春エース記者 竜太郎が見た!】元KARAメンバー、ハラさん追い詰めた「SNSの誹謗中傷」 スキャンダルで精神的に疲弊、親友の死も重なり… (1/2ページ)

 「自分を愛せなくて、ごめんなさい」

 韓国の人気グループ元KARAのメンバー、ク・ハラさん(享年28)が11月24日にソウル市内の自宅で死亡しているのが見つかった。リビングのテーブルの上にあったのは自筆のメモ。そこには今後のスケジュールと冒頭のような走り書きがあったという。これが事実上の“遺書”であった。

 「警察当局によると、当日午後6時頃、家政婦が彼女の遺体を発見。同日未明に外出先から帰宅したことが防犯カメラに記録されており、警察も当初、事件性を調べましたが、自殺と断定しました。遺族が司法解剖を拒否したため、詳しい死因はわかりません」(韓国メディア記者)

 KARAといえば、2010年に「ミスター」で日本デビューし、大ブレーク、翌年にはNHK紅白歌合戦にも出場。K-POPブームの立役者であった。“ヒップダンス”を踊る彼女らは愛くるしく、輝いていた。しかし16年、KARAは事実上の解散をし、その後、女優・歌手としてソロ活動を始めたハラさんに数々の苦難が襲った。

 「ハラさんはイケメンのカリスマ美容師と交際していていたのですが、18年9月、別れ話から暴行事件に発展。裁判の結果、元彼氏は懲役1年6月、執行猶予3年の判決が下されましたが、元彼氏は控訴し、現在も裁判は継続中です。その過程でハラさんが元彼氏にリベンジポルノ、彼女の性的な映像をばらまくと脅かされたこともわかった。それがまたスキャンダルを大きくしました」(同前)

関連ニュース