記事詳細

【シネマパラダイス】紛争の無意味さをわらう意欲作 「テルアビブ・オン・ファイア」

 いまだ緊張が続くパレスチナとイスラエル情勢を背景に、人気ドラマ製作をめぐるドタバタを描いたヒューマン・コメディー。監督はパレスチナ人のサメフ・ゾアビ。出演に「パラダイス・ナウ」のカイス・ナシェフ。1時間37分。22日公開。

 イスラエルのエルサレムに住むパレスチナ人青年が、パレスチナのテレビドラマの現場で職を得る。だが通うには、毎日検問所を通らねばならない。ある日、イスラエル軍司令官に、つい人気ドラマの脚本家だと見栄を張った彼は、妻がドラマの大ファンである司令官に毎度呼び止められる。

 【ホンネ】部外者が口を出して作品作りに夢中になる展開は目新しくないが、両国の対立が入り込むことでねじれた笑いが生まれ、妙味に。ドラマの結末をめぐり、板挟みにあう青年がひねりだす結末さえ…紛争の無意味さをわらう意欲作! (映画評論家・折田千鶴子)★★★☆

 ★5つで満点 ☆=星半分