記事詳細

嵐・二宮和也、元女性キャスターと“ケジメ婚” 相手の本気と「吉永小百合」の後ろ盾

 かねて交際が伝えられていた元アナウンサーの一般女性(38)と結婚したことを12日に公表したアイドルグループ、嵐の二宮和也(36)。嵐のメンバーでは初めての結婚となるが、2020年の活動休止を前になぜ今なのか。

 「かねてよりお付き合いをさせていただいている方と結婚することとなりました」とコメント発表した二宮。

 2人の出会いは12年、女性がキャスターを務めていた日本テレビ系「news every.」に、同局系「24時間テレビ」の番宣で二宮がゲスト出演したことがきっかけだった。

 16年に女性誌で交際が発覚。その後は2人での海外旅行などが伝えられてきたが、今年秋に二宮が都心に3億円で購入した高級マンションで同棲生活を始めたと報じられたことで結婚間近とささやかれていた。

 しかし女性が、自身のSNSで二宮との交際をうかがわせる小物などが写り込んだ写真をたびたび投稿していたことから、“におわせ”だとネット上を中心に猛バッシングを浴びることに。そんな中、女性は18年に芸能界を引退し、縁の下で二宮を支えていくことを選んだのだった。

 「あれだけのバッシングを受けたら普通なら身を引いてもおかしくないが彼女は屈しなかった。そこには二宮をかわいがっている女優の吉永小百合(74)が2人の恋愛をバックアップしていたからです。だから二宮も事務所に反発してまで交際を続けることができた」と芸能関係者。

 大物女優の後ろ盾を得て、ゴールインした2人だが、活動休止までまだ1年以上残した時点で発表したのには、さまざまな事情が絡んでいる。

 「嵐は懸案だったアジアプロモーションも終え、新国立競技場のこけら落としも決まるなど、活動休止までの道筋は大方固まった。さらに二宮としても、女性が40歳を前にして、決断をこれ以上先延ばしできなかったということでしょう」と先の芸能関係者。

 ニノが男を見せたわけだ。

関連ニュース