記事詳細

前澤友作氏&剛力彩芽“破局” 「月旅行と女優業」方向性違い終止符 (1/2ページ)

 ついに終止符が打たれた。女優の剛力彩芽(27)と「ZOZO(ゾゾ)」創業者、前澤友作氏(43)が破局していたことが分かった。SNSなどでド派手な交際っぷりを公表し、世間をにぎわしてきた2人だが、女優業に再び本腰を入れたい剛力と、「月旅行」の準備を本格化させる前澤氏は、方向性が違ったとみられる。

 2人は10月27日に東京・恵比寿ガーデンプレイスで行われたイベントに出席、28日には米ゴルファー、タイガー・ウッズ(43)が米男子ツアー通算最多タイ記録に並ぶ82勝を上げた「ZOZOチャンピオンシップ」の大会名誉会長である前澤氏に、剛力が同行する姿が目撃されていた。

 しかし関係者によれば、前澤氏との交際でセーブしていた芸能界での活動を本格化させたい剛力と、総額数百億円ともいわれ、2023年に予定されている月旅行への準備のため来年には渡米する予定の前澤氏との間ではすれ違いも生じていたという。

 これまで数々のテレビのレギュラーやCMに出演していたが、今やテレビのレギュラーは1本にとどまっている剛力。18日深夜からテレビ東京でスタートするドラマに約1年半ぶりに復帰すると報じられたばかりだ。

 前澤氏にとっても今年は激動の年だ。ゾゾタウンのキャンペーンをめぐって出店ブランドから批判が殺到し、「ゾゾ離れ」が発生、株価が急落し、自身の所有する有名絵画を一部手放したとされる。9月にはゾゾをヤフー(現Zホールディングス)に売却し、社長を退任した。

関連ニュース