記事詳細

【元文春エース記者 竜太郎が見た!】田代まさしの“勘違い”NHK出演で「もう大丈夫」と… 各局からのオファーが“免罪符”に (1/2ページ)

 ♪アヘン、コカイン、マリフアナ、ヘロイン たまにやって パーになって やらんふりして たまにはやらないか~

 PUFFYのヒットナンバー「アジアの純真」の替え歌で、白いジャケットにファーをまとい歌い踊るのは田代まさし(63)。今年5月、浜松市で行われたパーティーの余興。観客の手拍子にノリノリの田代は歌の途中、手でバッテンを作り、こんなオチをつけ爆笑をさらった。「ダメダメダメ ダメダメダメ! これ以上歌ったら捕まっちゃうから」

 その5カ月後、その“シャレ”は現実に。

 「8月23日、田代は宮城県塩釜市の飲食店のパーティーのゲストに招かれ、市内のホテルにチェックインしましたが、近隣の女性の家に泊めてもらうと早めにチェックアウト。部屋を清掃すると2本の注射器が見つかり、ホテル従業員が通報、県警の内偵捜査が始まった。塩釜の容疑に加え、11月6日、杉並区の自宅マンションで覚醒剤を所持していたとして現行犯逮捕されました」

 薬物で過去4回逮捕されている田代。今回当初「自分のものではない」と所持を否認したが、最近、都内での所持について認める供述をしているという。薬物で2度(計7年間)下獄しており、2014年の釈放以降は民間薬物依存リハビリ更生施設「ダルク」のスタッフとして働いていた。

 「16年に清原和博が覚醒剤で逮捕されたとき、NHKの『ニュースウオッチ9』をはじめ各局の報道番組に出演し、引っ張りだこに。それが免罪符となり、以降は薬物事件のたびにメディアからお呼びがかかり、“自らの経験をもとに薬物を語るタレント”の扱いになっていました」(民放プロデューサー)

関連ニュース