記事詳細

【シネマパラダイス】人づきあいが苦手な少年が女教師へ密かに恋心を抱く… 爽やかな青春物語「マイ・ビューティフル・デイズ」

 「君の名前で僕を呼んで」で一躍注目のイケメン若手俳優ティモシー・シャラメ主演の青春ドラマ。

 行動障害があり人づきあいが苦手な高校生ビリー(シャラメ)は、美しい女性教師スティーヴンス(リリー・レーブ)に密かな恋心を抱いていた。ある日、彼はスティーヴンス先生と同級生男女2人とともに車で演劇大会の旅に出る。そしてストレートに感情をぶつけてくるビリーにスティーヴンスは翻弄されていく。ジュリア・ハート監督。1日公開、上映時間1時間26分。

 【ホンネ】19歳のシャラメが不安定ながら一途な少年の思いを繊細に演じる。不安の中に揺れる女教師の心と同級生の恋心と傷心も絡めた爽やかな青春物語だ。バンド「アメリカ」のヒット曲「金色の髪の少女」とナンシー・シナトラの歌が物語を象徴するように哀愁を誘う。(映画評論家・山形淳二)★★★★

 ★5つで満点

関連ニュース