記事詳細

【シネマパラダイス】壮大なスケールで描かれるマレフィセントの“究極の愛の物語”「マレフィセント2」

 興収65.4億円を記録した前作から5年、『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』のヨアヒム・ローニングを監督に迎え、大人気のヴィラン、マレフィセントの“究極の愛の物語”を壮大なスケールで描く。

 マレフィセント(アンジェリーナ・ジョリー)と母娘のように深い愛情で結ばれたオーロラ姫(エル・ファニング)は妖精が暮らすムーア国の女王に。アルステッド国の王子からのプロポーズも承諾し、人間と妖精の間に和平がもたらされるはずだった。しかし、その裏には恐ろしい罠が!

 マレフィセントのルーツが明らかとなり、『眠れる森の美女』は新たなステージへ突入! 上映時間1時間59分。18日公開。

 【ホンネ】ディズニー作ゆえ安心して鑑賞できるが、ミシェル・ファイファーだけは別。あの悪女ぶりは子供を怖がらせ、大人を興奮させる。できればアンジーともっと絡んでほしかった。(映画評論家・安保有希子)★★★

 ★5つで満点

関連ニュース