記事詳細

【番記者は見た 松坂慶子・艶と愛の日々】電撃結婚、親子の断絶、紆余曲折も…今は幸せ「まんぷく」女優 (1/2ページ)

 松坂慶子は1979年の映画「配達されない三通の手紙」での体当たり演技で清純派から脱皮し輝きを増す。同年のTBS「水中花」では、挿入歌「愛の水中花」を妖艶なバニーガール姿で歌って大ヒットさせた。

 80年代も映画やテレビドラマで好演し数々の演技賞を獲得するが、90年に再び恋愛問題で父親と激突する。86年ごろ、ニューヨークに渡った松坂は現地でギタリスト、高内春彦さんと出会い、交際を始めた。長髪で太めの口ひげが似合う高内さんは温厚な性格で2歳年下。後にNHKのドキュメンタリー番組のテーマソングなどを手がけ、ジャズライブを開くなど活躍している。

 松坂は90年、主演映画「死の棘」がカンヌ国際映画祭で審査員グランプリを受賞。その年の12月28日には日刊スポーツ映画大賞の主演女優賞を獲得し、翌29日にニューヨークに飛んだ。そして高内さんから「年が明けたら結婚しよう」とプロポーズされ、翌91年1月2日(現地時間)、NYで挙式している。

 2週間後に帰国すると松坂は記者約200人が待ち受ける築地の松竹本社で結婚会見を開いた。感情に走ると一気に突っ走る、彼女らしい電光石火の結婚だった。そして1年ほどNYで休養して92年5月、生後3カ月の長女を連れて帰国した。

関連ニュース