記事詳細

【シネマパラダイス】破滅的かつ刹那的に生きる少年の日常 育児放棄など社会問題えぐりだす『タロウのバカ』

 破滅的かつ刹那的に生きる3人の少年の過激な日常を描いた青春ドラマ。とある川沿いの町。年齢不詳の少年、通称タロウ(YOSHI)は戸籍がなく、一度も学校に通ったことがない。父親はおらず、母親もめったに家に帰ってこない。

 彼には唯一、エージ(菅田将暉)とスギオ(仲野太賀)という高校生の仲間がいて、3人は毎日目的もなく河川敷や町を走り回り自由に生きていた。しかしある時、彼らは一丁の拳銃を手に入れるが…。大森立嗣監督。6日公開、上映時間1時間59分。

 【ホンネ】それぞれ、やるせない悩みや、やり場のない鬱屈を抱えた少年が暴力の世界に走っていく。その中に社会のシステムからはみ出した3人の魂の叫びが込められ、社会的弱者の排除、育児放棄という社会問題をえぐりだしている。新人YOSHIらの迫真演技が熱く狂気を伝える。(映画評論家・山形淳二)★★★★

 ★5つで満点

関連ニュース