記事詳細

小川彩佳アナ“超玉の輿”結婚 お相手は東大卒「医療系IT社長」

 テレビ朝日を退社後、6月からTBSの“夜の顔”として『news23』のメインキャスターに“電撃移籍”した小川彩佳アナ(34)が7月中旬に入籍していたことが分かった。お相手は、元国会議員を父に持つ東大卒医師で、「医療系IT社長」というスーパーエリートだという。

 29日発売の「週刊ポスト」が報じた。テレビ朝日を5月に“寿退社”した後、なかなか結婚が公表されなかった小川アナだが、同誌によると、7月中旬に入籍し、都内の高級マンションで新婚生活を始めているという。

 お相手は東大医学部卒業の35歳の医師で、米国の医師免許も取得。医療系IT企業の「代表取締役医師」を務めているという。元衆院議員の父を持ち、イケメンというケチのつけどころがないエリートだ。小川アナの父親も名門大医学部で教授を務めている。

 小川アナは同誌の取材に対し、「一緒に住んでますよ」と結婚を認め、新婚生活に関しては「普通に楽しんでいます」とほほ笑んだという。

 嵐の櫻井翔(37)との破局が報じられたが、ようやく私生活も落ち着いた小川アナ。番組の視聴率浮上のきっかけとなるか。

関連ニュース