記事詳細

NGT事件背景にアイドル界に異変 ファン交流「手数料導入」

 6人組アイドルグループ「2o Love to Sweet Bullet」(トゥーラブトゥースウィートバレット)が、6月1日以降のライブ、イベントにおいて「ガチ恋手数料」なるハードルを設けるという。

 2015年3月に結成されて同8月にはメジャーデビュー。「愛と平和の伝道師」をキャッチフレーズに活動。メンバーは全員が東京・原宿でスカウトされた。「正統派美少女」である彼女たちとファンはAKBグループ同様、「会いにいけるアイドル」の関係でこれまで成り立っていたが、これにメスを入れる。

 具体的にはイベント物販において通常のチェキ撮影プラス1000円で撮影順番が最後尾に変わったり、ファンからメンバーへの手紙(2000円)、プレゼント(3000円)も有料となる。それにしてもなぜ、今回の施策に踏み切るのか。音楽関係者は近年、急激に表面化しているアイドルの熱狂的ファンの「暴徒化」が「深刻化していることが大きい」と明かす。

 「昨年12月に起きた、当時NGT48のメンバーだった山口真帆が自宅マンション前で男性から危害を加えられた事件が発生(男性は逮捕後、不起訴処分)。ファンとメンバーの距離の近さが売りになっていたのに、そこが弱点になったわけです」と説明。今回の施策は「単なるお金もうけではなく、一部の不穏分子を仕分けする狙いがある」とみる。

 今回の試みがうまくいけば「他のアイドルグループも追随する可能性は十分ある」というだけに、ファンとアイドルの新たな関係が築けるかにも注目が集まりそうだ。

関連ニュース