記事詳細

田口淳之介容疑者も溺れた? 逃れ難い大麻“快楽の恐怖” 小嶺麗奈容疑者、マトリは10年前からマーク (1/2ページ)

 自宅に大麻を所持していたとして逮捕されたアイドルグループ、KAT-TUNの元メンバー、田口淳之介容疑者(33)と内縁関係にある女優、小嶺麗奈容疑者(38)。押収された大麻の種類から常習性が疑われており、小嶺に至っては10年近くも当局にマークされていたという。

 関東信越厚生局麻薬取締部(マトリ)は24日、大麻取締法違反(所持)容疑で両容疑者を送検。捜査関係者によると、両容疑者のマンションから押収された乾燥大麻は約3グラムで約6回分。幻覚作用の強い「バッズ」と呼ばれる大麻の花穂部分が含まれており、常習性が疑われている。

 今回の摘発は連休明けに情報提供があったとされるが、実際には小嶺容疑者は10年以上にわたってマトリにマークされていた。

 10代のころから夜遊びが激しかったという小嶺容疑者。当時の交際相手が経営していた東京・六本木の飲食店で、常連客が薬物事件で逮捕されたことをきっかけに捜査対象に挙がっていたのだ。

 田口容疑者と小嶺容疑者はカップルで逮捕されたが、専門家は一般にカップルで大麻を使う場合、性交渉の快感に溺れるケースも少なくないと指摘する。

 マトリの調べに、田口容疑者は「大麻は2人のもの」といい、小嶺容疑者は「大麻は自分だけのもの」と主張するなど供述は食い違うが、いずれも容疑を認めている。

関連ニュース