記事詳細

NGT卒業後も芸能活動継続…山口真帆が進むべき道は 不適切投稿で加藤美南が炎上、メンバーSNS停止へ (1/2ページ)

 NGT48の騒動は鎮静化しそうにない。21日には、人気メンバーの加藤美南(20)が、18日に卒業した山口真帆(23)をめぐりSNSに不適切な投稿をしたとして研究生に降格処分となった。加藤は謝罪したがネット上ではさらに大炎上することに。一方の山口は卒業後も芸能活動を継続する意向を示しているが、すでに水面下で大手芸能事務所が触手を伸ばしているという。

 加藤は20日、インスタグラムで山口のニュースを報じたテレビ番組の写真とともに「チャンネルを変えてほしい」と投稿し、炎上していた。

 さらに降格処分を受けて加藤が謝罪の上、「友達だけに公開しようとした」と弁明したところ、さらに炎上することに。NGTメンバーのSNS運用の停止も決定した。

 一方の山口は、先日の卒業公演でアイドルグループ、欅坂46のヒット曲で「僕だけいなくなればいいんだ」といったセンセーショナルな歌詞もある“厄介者”を意味する『黒い羊』を熱唱し、話題となった。

 「山口さんは、AKB48グループの総合プロデューサーの秋元康さんには自身のモバメ(有料メール)で感謝の言葉をつづったり、秋元さんが今回の卒業公演の楽曲を書き下ろすなど両者の関係は悪くありません。一方、運営に対してはいまだに不信感が根強く、『黒い羊』を歌ったのはその表われでしょう」とアイドル誌編集者。

関連ニュース