記事詳細

AKB総選挙開催せず…指原「複雑です…」 須田「前向きに頑張る姿を見せる。それだけです」 横山由依「寂しさもあります」 (1/2ページ)

 AKB48が13日、公式ブログで毎年恒例のイベント「AKB48選抜総選挙」を今年は開催しないいことを発表した。これを受け、主要メンバーが公式ツイッターを更新。それぞれの思いを投稿した。

 前回2位のSKE48・須田亜香里(27)は「AKB48選抜総選挙がないアイドル人生は初めて。賛否の声もあるイベントだったかもしれないし 私は選挙シングル以外はライトの当たらないポジションにいる期間も長くてファンの方を何度も悲しませたはずなのに それでもよじ登ろうとする私を見て投票で力を貸してくれた全ての方へ改めて感謝しています!」とツイート。そして「では皆様、心置きなくもう一年 AKB48世界選抜総選挙2位の須田亜香里です! って言わせていただきますね!笑」とつぶやきながら、「私たちアイドルに出来ること 私がしたいことは 前向きに頑張る姿を見せる。それだけです」とまとめた。

 前回5位のAKB/STU48・岡田奈々(21)は「総選挙を通してファンの皆様の愛を感じたり自分自身も成長出来ました。去年“1位奪還 ”宣言をしましたがいつかまた開催されたとき絶対に実現させたいと考えてます。もっともっと良い女になっていつか必ず…!」と強調した。

 AKB48グループ総監督で前回6位のAKB48・横山由依(26)もツイッターを更新。そこで「選抜総選挙を通して知ってくださった方もいて応援してくださっているみなさんと同じタイミングで発表をドキドキして待つという一年に一度の感覚は総選挙でしか味わえなかったのかなと思うと寂しさもあります」とコメントし、「これからもAKB48グループで笑顔になっていただけるように一丸となって頑張ります!」とまとめた。

 次期総監督のAKB48・向井地美音(21)は前回13位だった。公式ブログの発表を受け、「総選挙によって見られた景色、深まった絆、それぞれのメンバーとファンの方にとってかけがえのないものだと思います。今年は開催されないことが決まりましたが、今だからこそできる新しい何かを探して、いつも応援してくださる皆さんに私たちからたくさん恩返ししていけるような1年にしたいです」とツイートしている。

関連ニュース