記事詳細

【大人のエンタメ】激シブガールズバンド「Drop’S」の新たな挑戦! ミニアルバム「trumpet」29日発売

 ブルージーな楽曲でオヤジからも熱い視線を注がれる激シブなガールズバンド「Drop’S」。結成10年を迎えた今年、メンバーチェンジを経て、新たなステージへと動き出した。ボーカルとギターの中野ミホ(25)を直撃した。

 昨年12月に新生Drop’Sとして2年半ぶりのスタジオ録音のミニアルバム「organ」を発売。今月29日には新ミニアルバム「trumpet」をリリースする。

 「昨年、地元の北海道から上京してきたんです。独り暮らしを始め生活も音楽環境もガラリと変わって大変ですが、自分の力でやっていこうと気持ちも引き締まりました」

 高校の部活動から始まった5人組バンドだったが、2017年にドラムが石川ミナ子に変わり、さらにキーボードが脱退したことで第2期がスタートした。

 「石川さんは私たちより2歳上でいろんなことを知っていて、刺激を受けています。バンド全体のグルーヴも変わったかな。古い音楽も好きですが、自分たちの根っこを壊さないように新しいサウンドも柔軟に取り入れて、若い人にもっとアピールしたいですね」

 新生Drop’Sになっても、バンドの根幹は変わらないということだ。

 「ずっと今自分が思っていることを書いてきたので、それがだれかの耳に入ったとき、何かを感じてくれればいいなと思っています」

関連ニュース