記事詳細

寝坊、鼻水、シモネタほか 女子アナ伝説ハプニング5選

 今やテレビに欠かせない存在となった女子アナ。原稿を読むだけでなく、タレント的な役割も担う彼女たちが残した伝説的なハプニングを、女子アナウォッチャーの丸山大次郎氏がピックアップした。

●日本テレビ 宮崎宣子アナ(2007年)

 「新聞各社も異例の報道 『生放送に寝坊』で45分大遅刻」

 自身の担当番組『ラジかるッ』での大失態。「新聞各社も女子アナの寝坊を報じましたが、女子アナブーム真っ最中の人気アナの多忙さを象徴する事件でした」(丸山氏。以下同)

●NHK 有働由美子アナ(2011年)

 「生放送で“脇汗”についての苦情を自ら読み上げた」

 『あさイチ』放送中に、シャツの脇汗について番組に寄せられた苦情FAXを自ら読み上げて謝罪。

●テレビ朝日 丸川珠代アナ(1994年)

 「たこ焼きの食レポで食道を大火傷『全治13日入院』」

 『ザ・ニュースキャスター』生放送中にたこ焼きを食レポ中、「痛い」と言いながらも笑顔を絶やさず食レポ。「その後、火傷で13日間ほど入院したそうです」

●フジテレビ 平井理央アナ(2010年)

 「“わさびめし”食レポ中、辛さで鼻水ドバドバ」

 『とんねるずのみなさんのおかげでした』で店の名物“わさびめし”を食レポ中に鼻水がドバッと噴出。「石橋貴明がその鼻水を見て興奮していたのが印象的でした」

●フジテレビ 中野美奈子アナ(2004年)

 「深夜番組で『声は大きい方』など下ネタ発言連発」

 『音楽登龍門』という番組で「エッチだと思う言葉は?」の問いに「ナマ」だとか、「声は大きい方か?」に「比較的…」など下ネタ連発。「下ネタ耐性が強いんだなと思いました」

 写真■ロケットパンチ

 ※週刊ポスト2019年3月8日号

NEWSポストセブン

関連ニュース