記事詳細

“理想の上司”ダウンタウンなら… 「どっちもラモスや!」西川貴教、2人の“圧力”を断言

 歌手の西川貴教(48)が24日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ系)に出演。ダウンタウンの2人の“圧力”を元サッカー日本代表のラモス瑠偉(62)に例え、笑いを誘う一幕があった。

 この日の番組では、先日発表された「理想の上司」アンケートの話題をピックアップ。毎年、この時期に保険会社が発表しているもので、2019年春の新入社員を対象に行われたアンケートでは、男性はお笑いコンビ・ウッチャンナンチャンの内村光良(54)、女性は日本テレビの水卜麻美アナウンサー(31)が1位に輝いた。

 スタジオでは、出演者それぞれの「理想の上司」の話題に。番組コメンテーターで元サッカー日本代表の前園真聖(45)は「自分の身近でいる中ではカズさん」と現役最年長Jリーガー・三浦知良(51)の名を挙げた。

 しかし、続けて前園は唐突に「ラモスさんではない」と“余計な”一言も。「ビシッと言われるし、結構、怖いので」など、闘将として知られるラモスの“怖い”エピソードを語り始め、「なんで(この場で)いない人を傷つけるの」と共演者から総ツッコみを受けた。

 一方、レギュラーコメンテーターの松本人志(55)は男性の18位、ゲストコメンテーターのHKT48指原莉乃(26)は女性の12位にランクイン。上位には所ジョージ(64)、明石家さんま(63)ら先輩タレントが入っていたが、松本は「やっぱ俺の方がいいと思う…」とおどけてみせた。

 それを受けたゲストコメンテーターの西川は「恥ずかしないの?」と一言。だが、松本から「(相方の)浜田(雅功)さんと俺やったらどっち(が理想の上司)?」と返されると、ダウンタウンにはバラエティー番組で世話になっているだけに、大困惑した。

 さらに松本から「浜田と俺やったら、どっちがラモスなの?」と追及された西川は、悩んだ末に「どっちもラモスや!」と叫喚。スタジオが爆笑に包まれると、松本は「結局、ラモスが一番損してるやん!」と、勝手にネタにされたカリスマの心情を慮っていた。(zakzak編集部)

関連ニュース