記事詳細

【みうらじゅん いやら収集】妄想と股間、どこまで膨らむか… 「官能小説用語表現辞典」 (1/2ページ)

 僕は写真派なんだ。そりゃ、ムービーの方がよりリアルで、妄想を加える努力もいらない分、脳内天国の沸点も早いんだけど、どこか“それでいいんだろうか?”って疑問がいつもある。

 それでいいの、それとは何か? 突き詰めて考えてみると結局、射精ってことになる。その“出せばいい”という考え方が何だか人間として虚しい。今まで好き嫌いに構わず教育ってやつもたくさん受けてきて、他人にはそりゃ優しい方がいいなんてようやく思えてきたのに“出せばいい。それでスッキリするんだから”というのは余りにもイージーだ。

 人間が勝手に呼んでる“野獣”ってやつだって、本当は節度があって自然界では生き抜く術としてのガルゥゥ…に違いあるまい。そこだけ取り上げて、やたら性に飢えてる例えに野獣を持ち出すなんて本当、人間ってやつは仕方ない生き物だ。

 ま、僕は特にエロに関してはそう思うわけで。

 その点で言うと、写真よりもさらに妄想力を必要とするのが文章である。

 キヨスクでは今も旅のお供にと流行作家の文庫本といっしょに官能小説を混ぜ込み、“急ぐこと勿れ。旧式の方法だが出す前に先ず、脳を使え”と諭してくる。

 官能小説という呼び方も随分、昭和臭が漂うけど、それをクリアしたら次は単語。要するに官能小説に出てくる“用語”だけで、どれだけ妄想を膨らますことが出来るかである。

関連ニュース