記事詳細

【元文春エース記者 竜太郎が見た!】NGT48山口真帆暴行被害 「隠蔽」「謝罪」…運営側の大失態に失望と憤り (1/2ページ)

 「殺されてたらどうすんだって思う。生きてる感じがしない」

 「もう外をひとりで歩くのだって怖い。全部嘘だと思いたいけど真実です」

 1月8日、ネット動画配信で自身の暴行被害を号泣告発したNGT48の山口真帆(23)。

 騒動は静まるどころか、CNNなどで報じられたうえ、アイドルの過酷な労働環境や運営側の管理不行き届き、芸能界の異常性、また日本の女性蔑視の考えまでもが世界に批判され、波紋は大きく広がっている。

 「事件は昨年12月8日午後9時半ごろに起きました。公演を終えて自宅マンションに帰宅した山口に、NGTのファンである無職男性A(25)と男子大学生B(25)が玄関先まで押しかけ、ドアに手をかけ声をかけたところ、彼女が悲鳴をあげた。慌てた男らが彼女の口をふさごうとした。実際には世間が勘ぐるような性的暴行はありませんでしたが、彼女が、暴行魔に襲われそうになったとパニックになるのは当然ですし、結果的に未遂に終わっただけかもと考えると事態は深刻です」(地元記者)

 SOSを受けて駆けつけたメンバーと、山口の帰宅時間を聞き出したとされる男らの仲間Cも加わって、双方で口論が続いたという。ようやく当時の支配人と警察が来て、男3人は警察に連行され、翌9日にAとBが暴行容疑で逮捕された。

関連ニュース