記事詳細

大江麻理子 メインキャスターの座に就くことで見えた景色 (1/3ページ)

 平日夜の経済ニュース番組『WBS(ワールドビジネスサテライト)』(テレビ東京系)のメインキャスターを務める大江麻理子(40)。2013~2014年には米・ニューヨーク支局へ赴任し、帰国後の2014年春にアナウンス部から報道局へ異動して同番組へ出演している。

 「支局での経験は礎となっています。世界経済の中心地ではこういう方々に会えるのかと感動する日々で、ダラス連銀やサンフランシスコ連銀の当時の総裁にインタビューができたのはとても刺激的でしたね。ただ支局時代とは米国の状況も変わり、過去の経験に固執しすぎると物事を見誤ってしまう可能性があります。いったんまっさらになって、“知ったつもりになってはいないか”と自分を問い質し、フラットになることも大切だと思っています」

 番組での彼女のコメントや質問は視聴者目線でわかりやすいが、そこもまた「フラット」な感覚と通じている。

 「ゼロの状態で経済ニュースに触れて見えてくる本質や核心を視聴者の皆さんにしっかりお伝えしたいので、世の中の肌感覚とずれてしまわないように意識しています。6代目のメインキャスターとなった当初は“私がこれを言うことでどんな影響があるだろう”と思うと怖さで不安が渦巻いて、すごく緊張しました。

 緊張感は変わらずありますが、番組が30周年を迎えた昨年4月から経済ニュースのプロである滝田洋一さんと山川龍雄さんが解説キャスターに加わってくださったのがとにかく心強い! “私はここがどうしても引っかかるのですが、この感覚ってどうなんでしょう”と折に触れておふたりに相談しています」

NEWSポストセブン

関連ニュース