記事詳細

劇団EXILE・青柳翔×町田啓太×鈴木伸之座談会! 映画「jam」が話題! 町田&鈴木が舞台挨拶前に青柳の18年をぶった切る!? (1/3ページ)

 鬼才・SABU監督(54)の最新作で、劇団EXILEのメンバー総出演で送る「jam」が公開中だ。3つの運命が交錯する“因果応報”エンターテインメントと銘打たれたこの作品。主演を青柳翔(33)、町田啓太(28)、鈴木伸之(26)が務め、青柳が熟女ファンを食い物にする場末の演歌歌手・ヒロシを熱演し、意識の戻らない恋人の回復を祈り狂信的に善行を積む男・タケルを町田が、そして刑務所帰りでヤクザに復讐(ふくしゅう)を誓い無言で暴れまわるテツオを鈴木がそれぞれ演じている。

 公開初日となった1日、早朝から行われた舞台あいさつへの移動のバスの中でzakzakが3人を直撃。大活躍だったそれぞれの2018年を振り返るインタビューを敢行した。その模様を3回にわたって紹介する。ギリギリのタイムトライアルとなった座談会初回では、鈴木いわく“すてきな先輩”である青柳の、町田いわく“かなりとんがっていた”18年について語ってもらった。(zakzak編集部)

<いよいよ公開ですね! 初日舞台あいさつの望む気持ちをお聞かせください>

青柳「劇団EXILEで初めての映画で、出来上がりから1年経ってようやく公開することができて本当にうれしく思います。今日は始まりなので、たくさんの方に見てもらえたらと思います」

町田「お客さんたちがどう楽しんでもらえるかっていうお声も聴けると思うので、楽しみです」

鈴木「初めて劇団EXILEで撮らせてもらった作品を、皆さんに見てもらえると思うとすごくうれしい気持ちでいっぱいです。今日来てくれた皆さんが楽しんでくれたらいいなと思います」

<皆さん今年大活躍でしたが、18年を振り返ってみてどうですか?青柳さんは主演ドラマ「食い逃げキラー」(WOWOW)や、「東京センチメンタルSP~御茶ノ水の恋~」(テレビ東京)などが放送されていました>

青柳「そうですね。『食い逃げ』が終わってちょっと一旦落ち着いた記憶がありますね。そこからまた始まりつつあるんですけど、何か…いい意味でも悪い意味でも間が空いたので、いかに普通でいることが難しいかすごく考えさせられる1年だったなと思います」

<普通でいることとは?>

青柳「キャラクターの濃い役が多かったので(笑)。でも普通の役も多く、普通の役ができるっていうすごさって魅力的だなって思うので、今後もさらに頑張っていけたらなって思っています」

<後半は「グッド・バイ(テレビ大阪・BSジャパン)」「主婦カツ!」「プラスティック・スマイル」(NHK‐BSプレミアム)、そして放送中の「あなたには渡さない」(テレビ朝日系)と作品が続きましたが、特に印象に残った作品やエピソードはございますか?>

青柳「監督さんの言っていることがひとりひとり全然違うので、その要求にこたえるケースと、自分の我を通すケースと、その中でも監督のリクエストに応えつつ我を出していける現場、そうではない現場といろいろありました。我ばかり通してもエゴイストになるので、どういう環境でも自由にできる環境を自分で作っていけたらいいなって思います」

関連ニュース