記事詳細

池田エライザの素顔に急接近! 気になるプライベート、“共同生活”を送る意外な「相手」とは? (1/2ページ)

 現在放送中のドラマ「ルームロンダリング」(MBS・TBS)で主演を務めている女優、池田エライザ(22)へのロングインタビュー。後編となる今回はドラマの見どころに加え、気になる彼女のプライベートについて話を聞いた。最近、ハマっているという家事やかわいい小鳥との共同生活(?)とは?(zakzak編集部)

<ドラマタイトルの“ロンダリング”には「浄化」という意味がありますが、池田さんの心が浄化される瞬間は?>

 「最近は、家に帰ると掃除ばかりしています。以前は、小物がいっぱい置いてあって、ゴチャゴチャしているようなインテリアが好きだったんですよ。でも、ダイニングテーブルを置いてからは生活が安定する家にしたいなと思って。紙袋や空箱などもマメに整理するようになりましたし、ソファのクッションも一回叩いてモフモフさせてから並べてみたり。毎日やるようになったから、掃除が楽になりました。どんなに忙しくても寝る前に部屋をきれいにすると気持ちが良いんです」

<もう、習慣になったんですね>

 「母がものすごく掃除好きなんですよ。子供の頃は、仕事で疲れて帰ってきているのに何で掃除をしているんだろうって不思議だったんですけど、やっぱり似てくるもんだなって(笑)。この間、母に報告したら『やっぱりそうなるでしょ』ってうれしそうでした。あとは、この習慣を長続きさせることが大事。飽きないといいなと思っています(笑)」

<割と飽きっぽい性格なんですか?>

 「ものによります。ジグソーパズルは早かったです(笑)。1つ完成させたんですけど、飾るのが面倒くさくなっちゃって。意外と大きいし(笑)。作っているときは楽しいんですけどね。劇中で御子ちゃんがパズルを作っているシーンがあって、お芝居を忘れて没頭しちゃいました(笑)」

<タイトルの“ルーム”にちなんで、理想の部屋は?>

 「家選びは直感です。あとは、空気が良い場所。部屋に関しては“引きこもり部屋”が欲しいです。趣味を楽しむ空間があるとうれしい。今、小鳥を5羽飼っているので、部屋数が多いといいですね」

<5羽もいると、結構にぎやかですか?>

 「小鳥の種類はボタンインコで、2組のつがいと赤ん坊の計5羽。朝の6時ぐらいから『おはよう!』ってチュンチュン鳴いていますよ。私も『お腹空いたの?今日はコレ食べる?』なんて話し掛けながら世話をしています(笑)」

<インコとの触れ合いは楽しそうですね!>

 「ホントにかわいいんですよ。夜の7時ぐらいにお部屋でギターを弾いていると、楽しそうに頭を振ってくれるんです。その代わり、鳥は朝が早いので夜の10時を過ぎてもギターを弾いていると『チッ』ってされます(笑)。手のひらにも乗ってきたりして、そのまんまポーンって投げると、また手のひらに戻ってくるんですよ」

関連ニュース