記事詳細

【ぴいぷる】「ダムカレー」でダムおこし!? ダム愛好家・宮島咲「飲み水をくれる究極の施設なんです」 (1/3ページ)

 ■老舗割烹の五代目

 ダムの普及に努めるダム愛好家。最近はやりの、カレーのルーを湖、ごはんをダムに見立てた「ダムカレー」の“考案者”としても知られる。この18年で約700基を訪問。目下、全国約2700基の制覇を目指している。

 「私をダム好きにしたのが、群馬の奈良俣(ならまた)ダム。一見、石の山のように見え、こんな変わったのがあるのかと、ハマりましたね」

 ダムには岩石や土砂など天然素材を積み上げるフィルダムと、コンクリート製の2種があって、奈良俣は白い石を使ったロックフィルダムだ。

 「ナンバーワンは長野の南相木(みなみあいき)ダム。真っ白の石灰石が美しく、巨大なピラミッドみたいです。奈良俣が熟年女性の色気だとしたら、2005年竣工の南相木はピチピチギャルの若さでしょうか」

 ダムの魅力は、その巨大さと非日常感。自然の中に突然現れ、自然との不一致に圧倒される。さらに働く構造物であることもポイント。

 「人知れず水害から人々を守り、蛇口をひねったら飲み水を出してくれる。これ、すべてダムのおかげなのに、その価値に気づいてない人も多いんですね」

 もともと山道のドライブが好きで、普及したばかりのデジカメで最初に長野・古谷ダムを撮り、その後も何カ所かを撮るうちに、さまざまな個性と表情を持つことに魅せられた。

 「気がつくと、いつの間にかドライブの目的が山道からダムに変わっていました」

関連ニュース