記事詳細

【永瀬白虎 アイドルSEXY列伝】未唯mie、初のレギュラー出演ドラマで“妹キャラ”に アラフィフ世代の不良ドラマ「茜さんのお弁当」 (1/2ページ)

 先日、当コラムで今期注目ドラマとした1980年代のツッパリを描いた『今日から俺は!!』(日本テレビ系)が、やはり好調のようです。

 現在、永遠のイチ推し女優筆頭候補である清野菜名様の本格アクションシーンが、今後必ずや話題となるはず。

 実は、不良モノというのは、安定ヒットが狙いやすいジャンル。登場人物のキャラが立ちやすく、これがウケる要因となっているのでしょう。

 では、アラフィフ世代が最初に出会った不良ドラマは何だったのか?

 『スクール☆ウォーズ』(84年)よりも、『積木くずし~親と子の200日戦争~』(83年)よりも先行作。ビートたけし氏主演の伝説ドラマ『刑事ヨロシク』(82年)ではないか! と思ったのですが、それより前に超名作ドラマが!

 それが、八千草薫様主演のドラマ『茜さんのお弁当』(81年)です。

 不良少年役は嶋大輔氏、杉本哲太氏、柄沢次郎氏、曽我泰久氏の4名。特に当時新人だった嶋&杉本氏の横浜銀蠅弟分たちは、現役感がバリバリでした。

 同ドラマでヒロイン的存在だったのが未唯mie様(当時の芸名はMIE)です。われら世代で彼女から刺激を受けなかった男子は恐らく皆無でしょう。

 ピンク・レディーがデビューした76年当時は小学生でしたが、81年の解散時には中学生に。いわゆる芽生えていた時期。

関連ニュース