記事詳細

日テレ・市來玲奈アナがAKBメンバーと初対面! アイドルと女子アナの違いに「一人での仕事が寂しい」

 23日深夜放送の「AKBINGO!」(日本テレビ系)で、AKB48メンバーが元乃木坂46メンバーで現在は同局のアナウンサーの市來玲奈(22)と初対面した。

 この日もメンバーは前回に続きハロウィーンのコスプレに挑戦した。そのなかで「日テレ内でトリック・オア・トリート選手権」と題した社内を回る借り物レースに挑み、フィギュアスケーターのアリーナ・ザギトワ(16)になりきった加藤玲奈(21)とザギトワがもらった秋田犬のコスプレをした矢作萌夏(16)らが、市來ら新人アナウンサーの勉強会に潜入した。

 サッカー日本代表の大迫勇也(28)に対し「大迫、半端ないって!」と叫んだ当時の滝川第二高(兵庫)のキャプテンに扮した中西智代梨(23)は、市來に「アイドルからアナウンサーっていう切り替えってい大変じゃなかったですか?」と質問。市來は「今一番寂しいなって感じるのは、今まではメンバーみんなといることが多かったのが、一人で仕事をすることも多いのでたまに寂しいなって」と心情を吐露した。

 矢作は「手に職を持てればいいな」とアナウンサー志望であることを告白。「アドバイスをいただけたら」とリクエストすると、市來は「大声で話したり、自信を持つ!」とアドバイスした。その言葉に中西は「マジ半端ないって~」と驚いた。矢作が「市來さん、何かください」とおねだりすると、市來は「あげます」と言いながら、「NHK日本語発音アクセント辞典」を手渡した。

 また「名探偵コナン」の江戸川コナンになりきった小栗有以(16)らは美術倉庫に潜入。「踊る!さんま御殿!!」(同局)で明石家さんま(63)が笑ったときに叩く番組名物の「棒」を発見すると、小栗がそれを手にしながら「ファー、ファー」とさんまの“引き笑い”を再現した。向井地美音(20)も「ご利益ありそう」と大喜びした。(zakzak編集部)

関連ニュース