記事詳細

苦戦が続く…有働「zero」に“デラックス”な助っ人!? 苦戦続くなら盟友登場か (1/2ページ)

 3月にNHKを退社してフリーに転身した有働由美子アナ(49)が、キャスターを務める「news zero」(日本テレビ系)で苦戦を強いられている。そんな中、このまま苦戦が続くようであれば、あの人気タレントが救援に動くというのだが-。

 有働キャスターによる新体制で10月から新たな船出を迎えた同番組。1日の初回こそ平均視聴率10・0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と好発進したが、次第に視聴率は低下し、12日には4・6%と“危険水域”の数字をたたき出すことに。ネット上では、有働アナに対し「化けの皮がはがれた」と厳しい声すら聞こえてくる。

 同局の別の情報番組のスタッフはこう語る。

 「もともとあの時間帯は『報道ステーション』のテレ朝、『NEWS23』のTBSが強く、ウチは長年後塵を拝してきました。それが2006年に『NEWS ZERO』が始まり、何とか互角の争いができるようになった。今回、有働さんを迎えることでさらに躍進を期待していただけに上層部も頭を抱えていますよ」

 有働アナの窮状に、注目されているのがマツコ・デラックスの存在だ。同じ芸能事務所に所属する2人だが、「有働さんがNHKの局アナ時代から親交が深く、フリー転身に悩んでいた際も、マツコさんが相談に乗っていました。有働さんが複数の芸能事務所からのオファーを蹴って今の事務所を選んだのも、マツコさんの存在が大きい」とは芸能リポーター。

関連ニュース